新商品

  • トイボアベビーリング
  • 極細リング,リング
  • ピンキーリング
  • ネックレス
  • ピアス
  • ブレスレット
  • ブライダルリング

コンテンツ

  • プレゼントにおすすめのジュエリー特集
  • シリーズから選ぶ
  • 私たちについて,コンセプト
  • ラッピング
  • コラム

営業日カレンダー

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

営業時間:10時〜17時
定休日:土日祝日・その他長期休暇あり

SNS

ツイッター facebook instagram

 

トップ > コラム  >  K10とK18のちがいって?

QK10とK18のちがいって?


ハーリー 工房cobacoのジュエリーには、K10とK18があるなのね。
何がどうちがうのか、おしえてほしいなのね〜。
   
店長 わかりやすく言うと、
「ジュエリーに、どれだけの割合で金が入っているか?」
ということ。
   
ハーリー Kの横の数字によって、入っている金の量がちがうなのね?
   
店長 そうなんだ。
金の割合は、K18で75%、K14で58%、K10で41.7%
金が100%の ”純金(じゅんきん)” というのは ”K24” のことを言うんだよ。
   
ハーリー そうなのね??
じゃあ、全部K24で作ったらいいなのね???
   
店長 そう思うよね!だけど、金はとっても繊細。
やわらいので、K24のままアクセサリーにするのは難しいんだ。
プラチナやシルバーと比べると、硬い種類の金属ではあるんだけどね。
すぐに変形する恐れのあるジュエリーなんて、普段つけられないよね。
   
ハーリー なるほどなのね。
だから、他の物質をまぜて強度をあげてるなのね?
   
店長 せいか〜い☆
金の他に混ぜるものについては特に規定がないので、
会社によって様々だけど、一般的にはシルバーや銅が入っているんだよ。
ピンクゴールドにするときは銅を多めにしたりして、色を調整しているんだ。
   
ハーリー ふむふむ、よくわかったなのね!
それで結局、K10とK18どっちがいいなのね?
   
店長 そうだね。私は、どっちにもいいところと欠点があると思うんだ。

K10は、K18よりも強度があってキズもいきにくいという特徴があるよ。
ただ、酸に弱くて、こまめにお手入れしないと変色しやすいんだ。
特にピンクゴールドの方は変色しやすいので、ちょっぴり注意が必要だね。
ただ、もちろん磨き直しをすれば輝きは戻るし、お値段も手頃なものが多いから、
ジュエリー初心者さんでも取り入れやすいと思います♪

K18は、変色しにくいし、K10に比べて輝き方も違うよ。
また、K18の方がアレルギー反応が出にくいと言われているので、
アレルギー体質の方はK18の方がいいかもしれません。
ただし、K10よりやわらかいので、
K18の細いネックレスチェーンなどの扱いには、少し気を使ってもらえるとうれしいな。
ちなみに、工房cobacoでは、K18でも曲がりにくいK18ハードという素材も扱っているので、
興味のある方はこちらのページも覗いてみてくださいね^^

長くなっちゃったけど、私は、TPOにあわせたり、ジュエリーのデザインにあわせたりして
使い分けたらいいんじゃないかな?と思ってるの。
   
ハーリー なるほどなのね〜。
結局、きちんとお手入れしていれば、どちらも永く一緒にいてもらえるということなのね♪
ところで、K10とK18、どっちも色は一緒なのね?
   
店長 おっ、ハーリーいい質問だね!
K18に比べてK10の方が、ピンクゴールドでは少しピンクが強くでて、
イエローゴールドでは少し淡いやわらかい色になるんだよ!

とはいっても、ショップによって少しずつ色合いは変わってくるし、
工房cobacoでも、ジュエリーのデザインにあわせて色の配合を変えたりしているので、
いちがいにこんな色です!とは言えないんだけどね。
参考になったかな?
   
ハーリー うんうん、知らないことばっかりで勉強になったなのね〜。
これからお買い物するときは、使いたいシチュエーションに加えて、
きちんとお手入れしながら育てていきたいなのね♪






ページの先頭へ▲