トップ > コラム  >  TLP950って?

Q:TLP950って?

TLP950って何?

   
ハーリー  TLP950ってはじめて聞いたなのね。これ、何の略なのね?
   
店長  TLPとは「Timeless Platinum(タイムレスプラチナ)」の略。
 私たちがお取引きさせていただいている 国内のジュエリーメーカーさんが新たに開発したプラチナだよ。

 一般的なプラチナジュエリーに使用されている"Pt950"と入っているプラチナの純度は同じ。
 簡単にプラチナについて説明すると、《Pt1000》《Pt950》《Pt900》のように、Ptの横についている数字は、
 プラチナの純度、つまり「プラチナがどれだけ含まれているか」を表しています。
 Pt1000が100%(正確には99.9%)なので、Pt950は95%がプラチナ、それ以外は白い金属であるパラジウムなどが入っています。
 これに歯科材料になる地金を配合し、圧倒的な硬さと耐力を持ったプラチナができたの。
 それがTLP950だよ。
   
ハーリー  ん?歯科材料って何なのね?
   
店長  厚生労働省で安全性試験を行った上で認可された地金のことだよ。
 副作用試験や発がん性試験など、様々な厳しい実験を実施した上で、安全性試験に適合してはじめて認可されるものなんだよ。
   
ハーリー  ホッ。それなら安心なのね。
 プラチナ…特にPt950は柔らかくて変形しやすいけど、TLP950は耐力があるなのね?
 具体的に特徴などを教えてほしいなのね。
   
店長  まず「硬さ」
 金属は、主に、叩く・熱処理をする・コーティングをする・表面加工をすることにより、どんどんと硬くなります。
 例えば、包丁などの刃物を作る際に、金属を熱しては叩いて、水につけてまた熱して・・・
 というような過程を繰り返しているのを見たことないかな?
   
ハーリー  あ、テレビで見たことあるなのね!
 その工程を繰り返すことで、だんだんと歯が強くなっていくって聞いたなのね。
   
店長  イメージとしては同じだよ。
 通常そうして金属を強くしていくんだけど、このTLP950は、そうして手を加え強くするのではなく
 独自の配合により地金自体を強くしてあるので、特に叩いたり処理する必要がないの。

 これが地金自体の硬さの比較表だよ。

 硬さHvの比較 ※1
   
ハーリー  えぇー!100円玉やステンレスよりも硬いなのね!?
 す、すごいなのね・・・
 ちなみに、「叩いて硬くした地金」と「もともと硬い地金」の差は何なのね?
   
店長  「硬い=強い」ではないので、 表面処理等で硬くしたジュエリーは
 キズや凹みがつきづらい反面、実は変形に関しては通常のものとあまり変わらないんだ。
 でも「硬い」に「強度」が加わると、変形しづらくなるんだよ。

 アフターメンテナンスでお直しなど手を加えたあと
 キズがつきやすくなったり、変形してしまったり…ということがおこるのは「強度」が足りないからなんだ。

 これは強度の比較実験表。

 耐力MPaの比較 ※2
   
店長  一番上がTLP950、真ん中が普通のプラチナ950、一番下がハードプラチナ950だよ。
 最近マリッジリングなどで見かけるようになった「ハードプラチナ」の約2.5倍の強度があるのがわかるよね。
   
ハーリー  わぁ〜、ほんとうなのね。
 この耐力が最大の特徴になるなのね。
   
店長  そうだね。
 それから、強度があると、石をしっかりと留めることができるようになるの。
 つまり、石枠から大切な石が落ちてしまう可能性が低くなるんだ。
   
ハーリー  そうなのね。
 じゃあ、石を留めるための爪や留め金が少なくても大丈夫だから、
 普通のプラチナを使うよりもいろんなデザインができるようになるなのね♪

 留め金
 ↑ペンダントトップにTLP950を使用しています。正面から見て、地金がほとんど見えません。ダイヤを留める爪も少ないですよね。
   
店長  うんうん。このTLP950を使った商品は工房でも試行錯誤している途中みたいなんだけど、
 ものすっごく華奢なチェーンもできていたよ。プラチナでは見たことのない細かさ。
 今はまだピアスのポストやキャッチなどの量産ができず、デザインの幅が限られてしまうこともあるんだけど、
 これから様々なパーツができてくるだろうし、私たちもTLP950だからこそできる繊細なジュエリーを作ってみたいなぁ。
   
ハーリー  楽しみなのね!
 あ、ちなみに、地金の色はどうなのね?
 Pt1000って実は"黒みがかった白色"だから、パラジウムなどの白い金属を混ぜてホワイトにしているよね、なのね。
   
店長  色については心配ないと思うよ。
 普通のPt950と比べてみたんだけど、色の差はまったくと言っていいほど感じないので。
 ただ、TLP950で地金の面積が広い商品を作った場合は
 また色の見え方も変わってくるかもしれないので、その時には追記させていただきますね。
   
ハーリー  それはよかったなのね!
 今回新作のネックレスには、ダイヤの石枠にTLP950、チェーンにはK18のイエローゴールドを使ってみたなのね。
 とってもかわいく仕上がっているので、よかったら見てみてくださいね〜なのね♪


TLP950×K18YG一粒ダイヤモンド|ルミネックレスご紹介ページ

《図の注釈》
※1:Hvは硬さの単位。ダイヤモンドでできた剛体を被試験物に対して押し込み、そのときにできるくぼみ(圧痕)の面積の大小で硬さを測定します。
※2:Mpaは耐力(強度)の単位。こちらは、クロスヘッドスピード1mm/分、加圧25kgfにて行った加圧変形試験結果です。(工房調べ)






ページの先頭へ▲