トップ  >  TLP950×K18YG一粒ダイヤモンド|ルミダイヤネックレス

Pt950×K18YG一粒ダイヤモンドネックレス
天然の石が持つ魅力ってなんだろう。
なぜ私たちはダイヤモンドに惹かれるんだろう。

天然のダイヤモンドが持つ
美しく しなやかな輝きを
人工的に閉じ込めてしまうのはもったいない。

まわりの色や光を取り込み、自ら輝きを変えてしまう石。
それなら、その魅力を最大限に活かせるよう仕立てれば良い。

こちらの《Lumi-ルミ-》シリーズは
細部にこだわって創り出した
ベーシックな一粒ダイヤモンドのネックレス。

"一粒ダイヤのネックレス"と聞けば、
すでに1つお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方でも つい身につけたくなる。
なんだかワクワクする。

そんな、ありそうでなかった上質なネックレスができました。
Pt950×K18YG一粒ダイヤモンドネックレス
ネックレスのおすすめポイント


ポイント1

ダイヤが宙に浮いているような印象を受けます。その理由は、石枠をダイヤの形に合わせ、周りを覆う地金を限りなく少なくしてあるから。通常のプラチナでこのような留め方をすると枠から石が外れてしまいますが、このタイムレスプラチナ950(TLP950)なら石枠から取れてしまう心配がありません。身につけたときに地金がほぼ見えないことで、プラチナ×イエローゴールドの組み合わせも違和感がなく、肌にスッと馴染んでくれます。

ポイント2

TLP950は、一言でいうと「硬くて強度のあるプラチナ」です。
強度は通常のPt950の約5倍、ハードプラチナと比べても約2.5倍あります。硬いと傷や凹みが付きづらくなり、強度があれば変形しづらくなり、石をしっかりと留めることができるようになります。ただ硬いだけだと逆に脆くなりがちですが「硬さ+強度」の耐力を有していることがこのプラチナの特徴です。
もっとくわしく知りたい方はこちらからどうぞ。

ポイント3

石枠にプラチナを使用し(=石の色が変わりにくい)、爪の数を少なくかつ正面からは石枠が見えない(=石を覆う面積が少ないため大きく見える)つくりのため、ホワイトダイヤモンドの魅力が存分に引き出されています。こちらには、3EX(トリプルエクセレント)カット/Hカラーのベルギー産ダイヤモンドを使用しています。
ダイヤの評価基準についてくわしく知りたい方はこちらから。

ポイント4

サイズは、0.06ctと0.1ctの2種類をご用意。実は何よりも悩んだのが、合わせるチェーンです。開発段階でメルマガ会員さまにアンケートを取らせていただき、皆さんからの様々なご意見を元に、それぞれダイヤのサイズにあった細かめものカットあずきタイプをチョイス。細身のゴールドチェーンと繊細なダイヤの輝き。他にはない、たおやかなネックレスに仕上がりました。

着用イメージ

着用イメージ

着用イメージ

こうしてひいた写真で見ると、0.10ctと0.06ctの違いはあまりないように見えますが、実際は結構な差があります。
ですが、どちらもさりげないサイズですので、シーンやお洋服を選ぶことなくご愛用いただけますよ。
お若い方、はじめてダイヤモンドのネックレスを持たれる方、ささやかなおしゃれを愉しみたい方には小ぶりの0.06ctを、
ふつうの一粒ダイヤとは少し違う輝きや存在感がほしい方には、断然0.10ctをおすすめいたします。
10月8日(土)〜10日(月)のイベント《纏う-matou- vol.2》で先行オーダー受付を行いますので、ぜひ実物を見にいらしてくださいね。
イベントの詳細はこちらをご覧ください(終了いたしました)

アイテムコレクション

ルミネックレス0.06ct   ルミネックレス0.1ct



ページの先頭へ▲